理想のキッチン見つけませんか?

1日の家事の中で、立つことの多いキッチン。
毎日の事なので、使い勝手のいい、自分に合ったものを選びたいですよね。

 

では、どんなキッチンがあるのかを見ていきましょう。

 

対面キッチンと言っても、キッチンから見て壁など何も遮る物がないキッチンをオープンキッチン。キッチンの前にカウンターが付いたり下がり壁があるキッチンの事をセミオープンキッチンと呼びます。

 

キッチンで料理をしていてもリビングにいるお子様の顔を見れたり、TVを見たりできるのが人気の理由ですね。

 

そんな対面キッチンですが、大きく分けて「アイランドキッチン」、「ペニンシュラキッチン」、「I型キッチン」、「L型キッチン」等があります。
それぞれ同じ対面キッチンというくくりですが、それぞれ違う特徴を持っています。

 

 

◎アイランドキッチン

キッチンと壁が接する部分が無く、部屋の中で島のようになっているキッチンの事をアイランドキッチンと呼びます。

ドラマなどにもよく出てきて、一度は憧れてしまうキッチンの形ですよね。
開放感があり、作業スペースも広く様々な方向から使えるので、お友達を呼んで一緒にお料理したり、実際にダイニングテーブルへ料理を運ぶときなど、自由に最短距離で移動できるので、食事の準備や片付けがしやすいですね。

しかし、様々な方向から使えるのがメリットですが、小さなお子様がキッチンの中に入ってきやすいので、熱いものを持っているときや包丁を持っているときは、気を付けないといけないですね。

 

 

◎ペニンシュラキッチン

アイランドキッチンと似ていますが、ペニンシュラキッチンとはアイランドキッチンの左右どちらかが壁にくっついた対面キッチンの事を言います。ペニンシュラとは半島という意味で、島(アイランド)が壁にくっ付いたから半島(ペニンシュラ)という訳です。

ペニンシュラキッチンは片方を壁に付けることができるのであまり間取りの制約を受けずいろんな家で取り入れられることが多いです。コンロの横に壁があるので、換気にも強く、油汚れにも床に飛びにくいというメリットもありながら、アイランドキッチンの開放感も持ち合わせています。いいとこ取りなキッチンですね。

アイランドキッチンと比べると存在感や開放感がどうしても落ちてしまうので、キッチンを目立たせるには少し力不足なのかもしれません。

 

 

◎I型キッチン(対面キッチンタイプ)

I型キッチンとはコンロからシンクまでが横一直線に並んでいるキッチンの事を言います。キッチンの前にカウンター(腰壁)ができるので、I型キッチンはセミオープンキッチンと呼ばれます。
一般的によく見かける、キッチンと言えるのではないでしょうか。

日々の家事の中で、スポンジやまな板など置くことはやむ負えないですよね。そんな手元を隠すことができるのは、リビングからの見た目もきれいにすることができます。

また、コンセントも付けることができるので、ミキサーなど電源が必要な器具を使う際にかなり便利です。

 

 

◎L型キッチン

L型キッチンはその名のとおりキッチンをL字型に曲げたキッチンの事です。
広いスペースで効率的に料理ができますね。

ただ、その分キッチンにスペースが必要となってくるので、少し広めのお家にしておくのがいいかもしれないですね。

 

 

 

開放的な見た目、使いやすさ、機能性、それぞれに良い点も悪い点もありますが、使う人のライフスタイルに合わせた、お気に入りのキッチンを見つけてくださいね。