マイホーム購入までの流れ

新築住宅をご計画されている多くのお客様は、

引渡しまでどういう流れで進んでいくのかわからないこともあるかと思います。

 

そこで新築住宅の引渡しまでの流れをご紹介したいと思います。

 

 

1.情報収集をしましょう。

 

希望エリアにはどんな物件があって、どのくらいの価格で売られているのか、ざっくり、相場を把握することから始めましょう。たくさんの物件を見ていくうちに、条件も決まってくるので、少しずつ条件を細かくして、気になる物件をチェックしていきましょう。

 

2.問い合わせをしてみよう!

 

詳細を知りたいと思ったり、実際にお家の中を見てみたいと思える物件が見つかったら、問い合わせしてみましょう。複数の物件を見学することで、こだわりたい場所や、自分の中での相場も見えてくるはずです。自分で納得できる物件が、なかなか見つからない場合は、エリアなど条件を広げて探してみると、当てはまるものがでてくることもありますよ。

 

3.絞り込み

 

たくさんの情報を集めて、見学を繰り返すことで、自分に求める物件はありましたか?
物件がピックアップできたら、次は絞り込みの作業となります。たくさん見て、自分自身の優先順位を整理し、自分が本当に納得できる物件を選びましょう。

 

4.購入申し込み

 

自分が本当に買いたい物件に出合えたら、いよいよ申し込みです。
購入申し込みとは、家を買いたいという意思表示と、交渉開始のための手続きです。

 

5.住宅ローン事前審査

 

購入の意思が固まったら、申し込みと同時に住宅ローンの事前審査を受けるのが一般的です。実際に住宅ローンを組むことができるか、いくら借りられるのか、金融機関による事前審査が行われます。これに通らないと契約に進めないので、無理のない資金計画で臨みたいですね。

 

6.重要事項説明と契約書の確認

 

契約を前に、売買する物件や契約内容について、きちんと確認しておく必要があります。
できれば契約日より前に、「重要事項説明書」や「契約書」などコピーをもらって、しっかり読み込んでから重要事項説明や契約の日を迎えましょう。

 

7.契約

 

いよいよ契約です。重要事項説明書や契約書の内容を把握し、不明点や疑問点はしっかり質問して、納得したうえで、署名したいですよね。
契約が成立すればもう後戻りはできません。契約後に買い手側の都合で解約する場合、契約時に支払った手付金は放棄することになります。また、契約から所定の期間が経った後に解約する場合、違約金が発生することになるので注意しましょう。

 

8.住宅ローン申し込みからローン契約

 

売買契約が成立したら、住宅ローンの申し込みを正式に行う。その後、金融機関による本審査を経て、承認されれば、金融機関と正式なローン契約を結ぶことにまります。

 

9.内覧チェック

 

建物の完成前に契約を行う新築物件の場合は、物件の引き渡し前に、完成した建物の状態を確認する、「事前内覧会」が行わます。ここでは、建物の状態や仕上がりが契約と異なるところがないか、確認しておきましょう。何か問題があるようであれば、引き渡しの日までに解決してもらえるように依頼します。中古物件や、建物の完成後に契約を行う新築の場合は、物件見学時にチェックしておくことが大切です。

 

10.引渡し・入居

 

住宅ローンの決済が終われば、念願のマイホームの引き渡しの後、入居となります。引き渡しでは、住まいの鍵を受け取るほか、司法書士によって不動産の所有権移転登記が行われます。引き渡し時にもう一度建物の状態を確認し、問題がなければいよいよ新生活のスタートです。

 

 

夢のマイホーム。

全体の流れを把握していただいて、

今後のマイホーム購入の参考にしていただければ幸いです。