リフォームしようと思ったら、何をする?

家をきれいにして暮らしたい!キッチンが古くなってきたな…
リフォームをしよう!

でも、リフォームするといっても何からしたらいいのでしょうか。

 

 

◎ どこをどうしたいのかを考える

 

まずは、どこをどのようにしたいのかを考えましょう。

たとえば、キッチンが狭い。古い。収納がない。

こういった場合は、設備の交換で済むこともあります。

追い焚き機能だけが欲しい人は、設備機器の交換だけで満足できるかもしれません。

 

一方、複数の箇所が気になる人は全面リフォームを検討してみる必要があります。

不満はあっても、どう対応するのか分からないと思うので、

そこはプロに相談して、提案を受けましょう。

 

 

◎ 優先順位を話し合おう

 

あれも、これもときれいにしたい場所は挙げるとたくさん出てくるかと思います。

しかし、ここで出てくるのは、予算の問題。

 

家族みんなが満足できるよう話し合って、何が一番大事なのかを考えましょう。

 

 

<予期せぬ出費…>

 

・契約後や、工事が始まってからもお客様から追加・変更の要望が出てきてしまい、

予想外の出費になってしまうこともあります。

 

・床や壁を解体しないと家の老朽化がわからないし、

その補強にいくらかかるのか算定しにくい面があり、予算に入れていなかった、

補強工事代がかかるなんてことも。

 

 

 

仕上がりに満足いくことはもちろん、

予算や家族全員が満足して暮らせるような、リフォームにしたいですね。