リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションよく聞く言葉ではありますが

一体どのような違いがあるのでしょうか。

実は、両者の厳密な定義や線引きはありません。

どちらの言葉で表現しても良いのですが、

住まいに手を加える時の意図や目的で使い分けられています。

◎ リフォーム

「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すといったことを言うことが多いです。マンションやアパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。

リフォームという言葉を分解すると「Re + Form」。「形を元に戻す」という意味になります。 リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。 マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

  ◎ リノベーション

「リノベーション」とは、中古住宅に新たな価値を生み出すことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。

英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新しい機能や価値をつけることを意味します。よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることが含まれます。

「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは曖昧で、はっきりとした線引きはされにくくなってきています。 2つの言葉の間には、「工事の規模」と「住まいの性能」の違いがあるようです。