マイホーム購入までの流れ

新築住宅をご計画されている多くのお客様は、

引渡しまでどういう流れで進んでいくのかわからないこともあるかと思います。

 

そこで新築住宅の引渡しまでの流れをご紹介したいと思います。

 

 

1.情報収集をしましょう。

 

希望エリアにはどんな物件があって、どのくらいの価格で売られているのか、ざっくり、相場を把握することから始めましょう。たくさんの物件を見ていくうちに、条件も決まってくるので、少しずつ条件を細かくして、気になる物件をチェックしていきましょう。

 

2.問い合わせをしてみよう!

 

詳細を知りたいと思ったり、実際にお家の中を見てみたいと思える物件が見つかったら、問い合わせしてみましょう。複数の物件を見学することで、こだわりたい場所や、自分の中での相場も見えてくるはずです。自分で納得できる物件が、なかなか見つからない場合は、エリアなど条件を広げて探してみると、当てはまるものがでてくることもありますよ。

 

3.絞り込み

 

たくさんの情報を集めて、見学を繰り返すことで、自分に求める物件はありましたか?
物件がピックアップできたら、次は絞り込みの作業となります。たくさん見て、自分自身の優先順位を整理し、自分が本当に納得できる物件を選びましょう。

 

4.購入申し込み

 

自分が本当に買いたい物件に出合えたら、いよいよ申し込みです。
購入申し込みとは、家を買いたいという意思表示と、交渉開始のための手続きです。

 

5.住宅ローン事前審査

 

購入の意思が固まったら、申し込みと同時に住宅ローンの事前審査を受けるのが一般的です。実際に住宅ローンを組むことができるか、いくら借りられるのか、金融機関による事前審査が行われます。これに通らないと契約に進めないので、無理のない資金計画で臨みたいですね。

 

6.重要事項説明と契約書の確認

 

契約を前に、売買する物件や契約内容について、きちんと確認しておく必要があります。
できれば契約日より前に、「重要事項説明書」や「契約書」などコピーをもらって、しっかり読み込んでから重要事項説明や契約の日を迎えましょう。

 

7.契約

 

いよいよ契約です。重要事項説明書や契約書の内容を把握し、不明点や疑問点はしっかり質問して、納得したうえで、署名したいですよね。
契約が成立すればもう後戻りはできません。契約後に買い手側の都合で解約する場合、契約時に支払った手付金は放棄することになります。また、契約から所定の期間が経った後に解約する場合、違約金が発生することになるので注意しましょう。

 

8.住宅ローン申し込みからローン契約

 

売買契約が成立したら、住宅ローンの申し込みを正式に行う。その後、金融機関による本審査を経て、承認されれば、金融機関と正式なローン契約を結ぶことにまります。

 

9.内覧チェック

 

建物の完成前に契約を行う新築物件の場合は、物件の引き渡し前に、完成した建物の状態を確認する、「事前内覧会」が行わます。ここでは、建物の状態や仕上がりが契約と異なるところがないか、確認しておきましょう。何か問題があるようであれば、引き渡しの日までに解決してもらえるように依頼します。中古物件や、建物の完成後に契約を行う新築の場合は、物件見学時にチェックしておくことが大切です。

 

10.引渡し・入居

 

住宅ローンの決済が終われば、念願のマイホームの引き渡しの後、入居となります。引き渡しでは、住まいの鍵を受け取るほか、司法書士によって不動産の所有権移転登記が行われます。引き渡し時にもう一度建物の状態を確認し、問題がなければいよいよ新生活のスタートです。

 

 

夢のマイホーム。

全体の流れを把握していただいて、

今後のマイホーム購入の参考にしていただければ幸いです。

照明を変えてみませんか?

平成30年が始まり、1週間が過ぎました。

 

 

皆様は、今年一年の目標は立てましたか?

 

 

新たなことに挑戦したい!これまでにないことをしたい。
そんな目標を立てた方も多いのではないでしょうか。

 

 

そんな新たな気持ちとともに、心機一転模様替えをしませんか?
とは、言っても忙しくてあまり大掛かりなことはできない……
何をどう変えようかと悩む人も多いでしょう。

 

 

しかし、そんな方に見て頂きたいのが、照明です。

 

 

光の色をあたたかくしたり、デザイン性のあるものに替えてみたり、
部屋によっては豆電球やキャンドルをいろいろな場所に設置してみたりするのも
面白いのかもしれません。

 

 

普段あまり気にかけない照明ですが
探してみると、様々な形があるので、
ダイニングの上にある照明をひとつ変えるだけでも
ずいぶんとイメージが変わりますよ。

 

 

IMG_0072

 

 

模様替えと大がかりに考えなくても照明ひとつで雰囲気が変わるので、
お気に入りの照明を探してみては、いかがでしょうか。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。

一企業の努力だけではカバーしきれない世界的な流れの中にあって、あらゆる業種の企業が非常に厳しい状況に直面しています。私たち社員一同も、「お客様に喜んで頂く」という基本に立ちかえって、地道に、ひとつずつ、目の前のできることから取り組んで参りたいと存じます。

本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。 皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

まだまだ間に合う大掃除!

リフォームできれいになったこだわりのお家。

新しく建てたこだわりのお家。

 

そんなお家できれいに気持ちよく年を越してほしいと思い、

今回は、まだ間に合う大掃除のポイントをご紹介したいと思います。

 

 

“大掃除”と聞くと、

時間がかかる… 大変…

あまりいいイメージが無いのが現状ではないでしょうか。

しかし今回は、すっきりきれいになって、しかも短い時間で終わってしまう方法を

お教えしたいと思います。

 

 

リビングで1時間!バス・トイレで1時間!キッチンで1時間!

 

まずは、時間を区切りましょう。

無理をしないためにも30分もしくは1時間で場所ごとに時間を決めてしまいます。

のめりこむと時間があっという間に過ぎてしまいますので、

アラームを設定するのもよいでしょう。

時間が来たら、一先ずは終了して次作業に取りかかるようにしましょう。

 

 

ラップ、キッチンペーパー、ドライヤーが大活躍!!

 

漬け置きができなくても、洗剤の反応を高めることができます。

 

1.油汚れのある場所に洗剤を吹きかけたキッチンペーパーを置く

2.その上にラップを貼る

(★ ワンポイント )

汚れがきついところは、さらにその上からドライヤーをあてるとさらに反応が早まります。

3.暫くしたら剥がしてタオルで拭き取れば、ピカピカです!

 

◎気になる水回りにはコレ!

お風呂場の鏡などは、カビの上にシャンプーなどの石鹸カスが付着して
その上にまたカビが重なるなどしています。
方法として、まず浴室用の洗剤をかけてブラシでよくこすり、
一回タオルでキレイに拭き取った後にカビ除去剤などをかけると良いですよ。

 

 

どうですか。

いざ、大掃除!と考えてしまうと、気が重くなってしまいますが

効率のいい方法を知れば、なんだかきれいにするのが楽しみになってきませんか。

自分の負担にならないように、時間を区切って

ピカピカのお家気持ち良く新年を迎えてくださいね。

 

 

 

 

早いもので、2017年も終わろうとしていますね。
今回の投稿が、今年最後になります。

 

 

本年同様来年も、皆様のご期待に添えるよう、
一層のサービス向上を目指してまいります。

来年が、皆様にとって輝かしい年となりますことを
心よりお折り申し上げます。

リフォームしようと思ったら、何をする?

家をきれいにして暮らしたい!キッチンが古くなってきたな…
リフォームをしよう!

でも、リフォームするといっても何からしたらいいのでしょうか。

 

 

◎ どこをどうしたいのかを考える

 

まずは、どこをどのようにしたいのかを考えましょう。

たとえば、キッチンが狭い。古い。収納がない。

こういった場合は、設備の交換で済むこともあります。

追い焚き機能だけが欲しい人は、設備機器の交換だけで満足できるかもしれません。

 

一方、複数の箇所が気になる人は全面リフォームを検討してみる必要があります。

不満はあっても、どう対応するのか分からないと思うので、

そこはプロに相談して、提案を受けましょう。

 

 

◎ 優先順位を話し合おう

 

あれも、これもときれいにしたい場所は挙げるとたくさん出てくるかと思います。

しかし、ここで出てくるのは、予算の問題。

 

家族みんなが満足できるよう話し合って、何が一番大事なのかを考えましょう。

 

 

<予期せぬ出費…>

 

・契約後や、工事が始まってからもお客様から追加・変更の要望が出てきてしまい、

予想外の出費になってしまうこともあります。

 

・床や壁を解体しないと家の老朽化がわからないし、

その補強にいくらかかるのか算定しにくい面があり、予算に入れていなかった、

補強工事代がかかるなんてことも。

 

 

 

仕上がりに満足いくことはもちろん、

予算や家族全員が満足して暮らせるような、リフォームにしたいですね。

 

 

リフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションよく聞く言葉ではありますが

一体どのような違いがあるのでしょうか。

実は、両者の厳密な定義や線引きはありません。

どちらの言葉で表現しても良いのですが、

住まいに手を加える時の意図や目的で使い分けられています。

◎ リフォーム

「リフォーム」とは、老朽化した建物を新築の状態に戻すといったことを言うことが多いです。マンションやアパートの場合には、入居者退居後、その入居者の住む前の状態に戻すことを指す場合があり、原状回復とも言われてたりします。

リフォームという言葉を分解すると「Re + Form」。「形を元に戻す」という意味になります。 リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることを指します。 マイナスの状態のものをゼロの状態にに戻すための機能の回復という意味合いとして使われることが多く、例えば、外装の塗り直しや、キッチンの設備の変更、壁紙の張り替えなどがリフォームに該当します。

  ◎ リノベーション

「リノベーション」とは、中古住宅に新たな価値を生み出すことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。

英語で「renovation」は「革新、刷新、修復」を意味し、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻すための機能の回復という意味合いに対して、リノベーションはプラスαで新しい機能や価値をつけることを意味します。よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせて間取りや内外装などを変更したりすることが含まれます。

「リノベーション」と「リフォーム」の言葉の使い分けは曖昧で、はっきりとした線引きはされにくくなってきています。 2つの言葉の間には、「工事の規模」と「住まいの性能」の違いがあるようです。

理想を叶えるフルリノベーション

既存のいいところは残しつつ、
マンションや中古戸建てに価値を付けていくフルリノベーション。

今回は、マンションをヴィンテージ感漂う弊社の施工例をご紹介します。

IMG_0018

木のぬくもりが感じられるヴィンテーンジというテーマで
中古マンションをフルリノベーションしました。

キッチの裏には50年代を思わせるようなタイルを貼ることで
LDKのアクセントを加えました。

気で作った飾り棚には緑やフレームを置いて、
家族団らんの雰囲気を作れる工夫をしました。

また、デザインだけでなく
住む人のことも考えられたこのおうちは
それぞれの部屋には、生活面に配慮した収納スペースを設けました。
住む人の暮らしに合った環境を提供します。

和室とリビングには可動式の収納があり
収納するものに合わせることができます。

また、天井を折上天井にすることで
開放感のリビングダイニングにしました。

理想を叶えるフルリノベーション。
あなたのおうちも理想を叶えてみませんか。

リフォーム費用と手続き

マンションのリフォームや家の増改築をする場合、どんな手続きがあると思いますか。

 

リフォームをするときは、まず、リフォーム内容と工事費用の見積もりをとって、「リフォームローン」を利用するかどうか検討しましょう。それによって、手続き内容や費用に違いが出てきます。

 

また、いつまでにどんな費用を用意すればいいのかをしっかり把握しておきましょう。

 

 

◎ 見積もり時に支払う費用

・耐震診断費用(一戸建てで必要な場合のみ)

 

リフォームの施工会社を選ぶときは、複数の会社にリフォームの内容と費用を明記した見積書を出してもらい、それを比較検討します。見積もりは一般的には無料ですが、耐震補強を目的とした一戸建てリフォームの場合、10万円~20万円程度の耐震診断費用がかかります。(建物面積や図面の有無等によって費用は異なります。)

 

 

◎ 契約~完成までに支払う費用

・印紙税(工事代金により異なる)

・工事代金の前金(リフォーム代金が高額な場合など)

・引越し費用(引越しが必要な大規模リフォームの場合のみ)

・工事代金の中間金(リフォーム代金が高額な場合など)

 

施工会社が決まると「工事請負契約」を結びます。工事代金の支払い時期は、施工会社との話し合いで決め、工事代金が100万円以上など高額の場合は、契約時とリフォーム完成時の2回に分けて、代金の半金ずつ支払うのが一般的です。また、代金が数百万円~1千万円台になる場合は、契約時、工事の途中、リフォーム完成時の3回にわたり、3分の1ずつ支払うケースもあります。工事代金の大部分をリフォームローンで支払う場合は、ローンの融資実行(借りたお金の支払い)が工事代金の支払い時期に間に合うかどうか、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

 

◎ 完成後に支払う費用

・工事代金の残代金

・諸費用(ケースにより異なる)

 

リフォームが完成したら、契約時に決めた「工事代金の残金」を支払います。諸費用としては、リフォームローンの借入費用(事務手数料等)のほか、一戸建てのリフォーム(増改築)で家の床面積が変わった場合などは、変更登記の費用もかかります。また、リフォームを機に、カーテンや家具などを一新するケースも多いです。その費用も見積もっておくといいでしょう。

 

 

レンタルショップ

レンタルショップ事業とは、「出店者の誘致事業」(リーシング事業)です。

家主さんと共同して、出店希望者が、短期で使用できる条件を整え、空き店舗を貸し出して頂きます。

すると、新たな買物先が、次々に誕生し、空き店舗が減少します。
家主は、賃料を得ながら、長期のテナント候補を探す機会が増えます。
また、出店希望者は、低いリスクで「お試し出店」できることになります。

このレンタルショップ事業には、二つのタイプがあります。

「商店街・借り上げ型」

当社のレンタルショップ・ノウハウを活用し、
空き店舗を商店街が家主から借り上げ、これを1週間単位でテナントに転貸する。
家主への支払い家賃とテナントからの受取賃料の差益で運営する。
レンタショップの導入実験に適している。

「家主・貸し付け型」

当社のレンタルショップ・システムを利用し、
レンタルショップ専用のWEBページを使って、家主自身で1週間単位のテナント貸しを行う。
家主からシステム利用料を徴収して運営する。
レンタルショップの継続・増加に適しています。

「底地権」高価買取

底地権

 

賃借権や地上権などの権利がついている土地のことです。地主の方が土地を貸して、借地のお持ちの方がその土地に建物を建てて住んでいたり、転貸していたりします。土地は地主の方のの所有物になりますが、その土地を借りて住んでいる人がいると、土地を利用することはできません。その地主の方が土地を貸している権利を「底地権」といいます。

その底地権をお持ちの方には様々なお悩みがあるかと思います。

 

<ケース1> 借地権者さんが多くて複雑

土地賃貸借契約書が無い、地代の滞納など借地権者さんが多いほど、管理するのは難しくなります。

そのまま放っておくと健全な管理が危うくなります。

 

ケース> 受け継いだ底地の相続税が大変

受け継いだ土地なので、大切にしたい。

しかし、そのままにしておくと相続税などが重荷になってしまうこともあるのです。

 

ケース3> 老朽化した物件のメンテナンス費用が高い

アパートやビルなどの賃貸物件は、築後相当年数が経過すると、老朽化して給排水施設の劣化により新築時に比べてメンテナンス料が多くかかります。

 

底地権をお持ちの方は、複雑なお悩みを抱えている方がたくさんいらっしゃると思います。

様々なお悩みを解決するため、コーシンホームでは借地権の買取提案をしています。

 

Microsoft PowerPoint - 借地権チラシ-002
地元で15年、堺の皆様に親しまれてきた

私たちコーシンホームが、貴方の悩みを解決いたします。

お問い合わせお待ちしております。